新しい地図を広げて、世界一周クルーズへ

2020、2021年が中止になったので、2022年3月からの世界一周クルーズについて

【お金を学Boo】2024年から厚生年金適用拡大の見込み

少し前の新聞の記事から、厚生年金適用拡大について(2020年2月21日、読売新聞)

雇われて働いていても、パートなど短期労働者(週20~30時間)は厚生年金に入れない人が居るため、厚生年金の適用を拡大するとの記事が目に付きました。

勤め先の規模要件が2024年10月より、従業員500人超えから50人超えになるとのこと。

勤務期間も1年以上から2ヶ月以上へ拡大するらしい。(2022年10月より)

入りたいのに入れなかった方々は良かったですね。って感じですが、雇い主的にはコストが増え、かなり負担となりそうです。

厚生年金に入れば、年金が基礎年金に加え、厚生年金も貰えるんですよ。の図↓
f:id:g-tomatoma:20200221080427j:plain

ただし賃金8.8万円/月、厚生年金に10年加入の場合です。
今、賃金8.8万円/月の方は、敢えて収入を抑えているのでしょうから、厚生年金に入り扶養から外れるのであればもっと稼ぐはずで、そうすると取られる税金が増えますね。

あと、パートって30年とか長く勤務する事って少ないと思います。
辞めたら国民年金国保に入る手続きをしなくてはならないので、面倒くさいです。
国民年金に穴が空く可能性が大。

それに、1ヶ月開けてすぐに別のパートに就いたら、2年前納で割り引かれる国民年金保険料の支払い方が出来なくて、ちょっと損。

厚生年金が老後に貰えるようになるから良かったねって、単純じゃ無いはずなのに、正義みたいに書かれていたことに疑問。

国の収入が増えることだけは確実です。

私はもう厚生年金には加入したくないのに。。。