新しい地図を広げて、世界一周クルーズへ

2020、2021年が中止になったので、2022年3月からの世界一周クルーズについて

トランプ大統領、新型コロナで入院後3日で退院

トランプ大統領が10月2日に、新型コロナウイルス陽性と公表され、衝撃でした。

軽度の症状と報じられていましたが、実際は高熱が出て、血中酸素濃度も低下していて、入院した。
そして入院してわずか3日後に退院し、Twitterで元気であることを報告。

早期回復は、手厚い治療によるものなのか、本当に軽い症状だったのか、あるいは無理をしているのか。
無理をしたら、今後の活動に影響が出てしまうので、結構回復しているのだと思います。

トランプ米大統領が投与を受けたのは、ステロイド薬「デキサメタゾン」。副作用(気分変動、攻撃性、錯乱など ) のリスクが専門家の間で指摘されているとのこと。

新型コロナウイルス感染拡大し始めた頃より、だいぶ治療方法が分かってきたような印象です。
また、ウイルスの威力が弱まってきているようです。
早期治療も良かったのだと思います。

大統領選挙中のなか、ご高齢で激務と思いますので、無理されぬよう。