新しい地図を広げて、世界一周クルーズへ

2020、2021年が中止になったので、2022年3月からの世界一周クルーズについて

世界各国、観光旅行再開の兆しで少し未来が明るい

まだ、新型コロナウイルスの新規感染者数が多い中、タイで外国観光客受け入れがスタートしました。

f:id:g-tomatoma:20201022105407j:plain

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/280253

開始日は未定ですが、そろそろ、日本人観光客のハワイ旅行が解禁されるようです。
渡航前に特定の医療機関新型コロナウイルスの検査を受け、陰性の人は、到着後14日間の自主隔離を免除される。


11月末まではJALやANA、ハワイアン航空などのハワイ便は一部除き臨時運休となっていますが、旅行会社各社のHPでは12月1日以降の出発プランを募集しているそう。
期待を込めてなんでしょうね。

そして、値段が安い。
HIS:「〈航空券+ホテルのシンプルプラン〉で自由自在に満喫!ハワイ5日間エコノミークラスに滞在」
12月24日から 79,800円

トラベル・スタンダード・ジャパン:
とくにヨーロッパの激安プランを販売中。
出発日の設定は来年1月1日以降で、首都圏発のパリ5日間(ホテル+航空+燃油代)は7万円~、など

まだまだ海外で感染者が増加していても、海外旅行を待ち望む人は結構いるようです。

ただし、日本に帰国後はPCR検査の結果を問わず、14日間の自主隔離が求められるそうで、ここが緩和されないと海外旅行に行く人は増えないでしょう。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASNBN6WYFNBHULOB00T.html?ref=smartnews

飛鳥Ⅱも11月2日からクルーズが再開されます。
乗客数を減らして運航されるため、やはり利益は厳しいとのこと。
利用者からすると、安い客室が選べずですが、いつもと同じような料金で、人が少ない分船内はゆったりしているのは魅力的です。


で、ちょっと来年の世界一周クルーズも希望が見えてきたのかな?と期待も残しつつ、行けるか行けないかジャッジを待ちたいと思います。