新しい地図を広げて、世界一周クルーズへ

2020、2021年が中止になったので、2022年3月からの世界一周クルーズについて

ワクチンは、ニューヨークで摂取する手も

日本では、4月から65歳以上のワクチン接種予約が始まり、5月17日からは大阪、東京の大規模接種会場の予約が始まったことが話題になっています。
川崎市横浜市でも大規模接種会場(1日二千人ほど)が設置されるようです。
でも、対象は65歳以上。

ニューヨーク州では、4月6日から16歳以上がコロナワクチンを受けられるようになりました。
5月13日からは12歳以上が対象になっています。
2021年5月17日時点、ニューヨーク州全体で18歳以上のワクチン完全接種率は52.2%(1回目のみ済ませた人も含めると61.8%)。

そして、観光客も接種できるそうで、ワクチンツアーがあるそうです。
ツアーでなくとも摂取できそうですが、ツアーに参加すれば効率的に接種できるでしょう。
ワクチン接種費用は「無料」とのことで驚きました。接種時にはパスポートなど、写真付きの身分証明書を提示する必要があります。

引用元
https://tabizine.jp/2021/05/16/399862/


ニューヨーク以外でも、ダラス(テキサス州)、ラスベガス(ネバダ州)、ロサンゼルス(カリフォルニア州)、ニューオーリンズルイジアナ州)などの観光地で接種会場の設置が進められています。

J&Jのワクチンは1回で完了するので、2回目の接種まで待たずに済み時間節約になります。

とはいえ、ワクチン接種すれば絶対に安心って訳では無いですし、海外で副反応が出たらと思うと心配なので、私は利用することは無いですが、ニーズはありそうです。