新しい地図を広げて、世界一周クルーズへ

2020、2021年が中止になったので、2022年3月からの世界一周クルーズについて

米で発生の17年ゼミ、甲殻類アレルギーの人は注意

首都ワシントンなど東部の一帯では「ブルードX(テン)」と呼ばれるセミが大量発生しているようです。

17年ごとに5月からセミが一斉に羽化し、大音量で鳴いている。

AFP●BB NEWS
f:id:g-tomatoma:20210606094436j:plain
引用元
https://www.afpbb.com/articles/-/3349820?act=all&cx_part=carousel&cx_position=1&pid=23389903

大量発生したイナゴは、アフリカ、中東、東南アジアで作物に被害を与えましたが、セミの大量発生は17年ごとに起こる現象なので、アメリカでは歓迎されているようです。
各地ではレストランがセミをトッピングにしたタコスを提供したり、米紙ワシントン・ポストが揚げ物のレシピを紹介したりするなど盛り上がっているとのこと。

読売新聞 オンライン
f:id:g-tomatoma:20210606095835j:plain
引用元
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210604-OYT1T50187/

しかし、セミはエビやロブスターなどと近縁関係にあり「甲殻類アレルギーがある人は食べないで」と注意を促している。

言われてみれば、カニやエビの殻に似ていますが、知らないと昆虫のセミと魚介類は結び付かないで、食べてしまうかもしれません。
日本で話題になった食用コオロギはどうなんでしょうか。


とはいえ、私は虫嫌いなので美味しいとしても食べる気にはなれません。