新しい地図を広げて、世界一周クルーズへ

2020、2021年が中止になったので、2022年3月からの世界一周クルーズについて

CDC、ワクチン完全接種ならクルーズ乗船可

疾病対策センターCDC)は6月17日、クルーズ船の運航に関する警戒水準を1段階緩和したという、嬉しいニュース。
f:id:g-tomatoma:20210618083934j:plain

引用元
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-cruises-idJPKCN2DT2PU

これまでは運航の全面停止につながる最も厳しい水準に設定していたが、今後は新型コロナウイルスワクチンの接種を完全に済ませていれば乗船できるようになる。

CDCはクルーズ船に乗船する人に対し、乗船の1─3日前と、下船の3─5日後に新型コロナ検査を受けるよう推奨した。


乗船条件がワクチン完全接種ですが、今後日本にも適用されて行くのか気になるところです。
また、乗客数の上限も緩和されるのでしょうか。
ある程度乗客を乗せたロングクルーズが再開されそうです。

日本ではまだ3~7日間ほどのクルーズ日程で、乗船前のPCR検査結果陰性が乗船条件ですが、長いクルーズの場合はワクチン接種が条件になってきそうです。

飛鳥Ⅱは、2022年 2月2日から41日間のオセアニアグランドクルーズと、2022年 3月29日から107日間の世界一周クルーズ(出航が決まれば乗船予定)が控えていますが、ワクチン接種等、乗船前の条件と乗客数(緩和方向)に変更が出て来ることでしょう。