新しい地図を広げて、世界一周クルーズへ

2020、2021年が中止になったので、2022年3月からの世界一周クルーズについて

飛鳥Ⅱ 2023年オセアニアグランドクルーズ発表

郵船クルーズより、飛鳥Ⅱの2023年オセアニアグランドクルーズが発表されました。

f:id:g-tomatoma:20210924144446p:plain

引用元
https://www.asukacruise.co.jp/news/63381/

2023年2月11日に横浜、翌12日に神戸を出発し、サイパン、オーストラリア(ケアンズブリスベンシドニー)、ニュージーランドミルフォードサウンド通航、オークランド)、ニューカレドニア(ヌーメア)、グアムをめぐり、3月20日に横浜、翌21日に神戸に帰着する各38日間の日程。
オークランドには停泊し、ゆっくり2日間楽しめるとのこと。

そして、私達が予約している2022年世界一周クルーズの前に予定されていた「2022年オセアニアグランドクルーズ(2022年2月出発)」は、新型コロナウイルス感染状況や寄港各国の状況を総合的に判断し、運航中止が決定していました。

Σ(⊙ω⊙) ガーーーン

ということは、3月末からの世界一周クルーズもそろそろどうするか決定が降される時期なのかも、、、

まぁ、現時点でオーストラリアやニュージーランドは海外からの観光客を受け入れていません。
特にニュージーランドはゼロコロナを目指していて、もう少し先も外国の観光客はウエルカムではないせいかも知れません。

ヨーロッパやアメリカは、出発前(72時間前など)に COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のワクチン接種を証明する書類があれば入国できますので、受け入れ側の問題が大きいようです。

年内には服用できる薬も使用できるようになりそうとの朗報も。
しかし、まだ3泊4日が最長な日本のクルーズ。急に107日間の世界一周クルーズが出来るとは思えません。
30日以上のクルーズ実績が必要になるかと。

ピースボートも2021年12月からのクルーズは中止になっていました。早くて2022年4月からの世界一周するロングクルーズ。

この分だとまたまた延期になりそうです。