新しい地図を広げて、世界一周クルーズへ

2020、2021年が中止になったので、2022年3月からの世界一周クルーズについて

知られざる「香害」の実態

柔軟剤や制汗剤の芳しい香りが、ある日を境に頭痛や吐き気の原因に―。そんな化学物質過敏症の一種、「香害(こうがい)」に苦しむ人が増えているそう。
f:id:g-tomatoma:20211127112810j:plain

引用元
https://www.sankei.com/article/20211122-VTJ4OVQZ5ZIWZIPIE6DE7JCXM4/

香害は化学物質過敏症の一種で、生活の中で触れる化学物質の量が限界を超えると、症状が出る仕組み。
花粉症などのアレルギーにも似ていますね。
昨日まで大丈夫でも限界を超えたら急に発症するそうです。
症状としては、激しい頭痛や吐気など。

私も飛行機内の乗客が着けている強い香水の香りで頭が痛くなったことがありますが、その人との接近は一時的なので短い間ですし我慢しました。
あと、たまに柔軟剤を多く入れてしまって洗濯した自分の衣類を着る時、ちょっと頭が痛くなるような気がします。

敏感な人は、他人の持ち物の洗剤や柔軟剤の臭いが自分の持ち物に移った場合でも症状が出てしまうそうです。

自分が分からないうちに出している香りで、他の人を苦しめている可能性がある。

化学物質過敏症の原因は臭いですが、体臭とは異なるのかな。
体臭は臭いと思っても頭痛はしないかも。
柔軟剤などの香りについては気をつけたいです。