新しい地図を広げて、世界一周クルーズへ

2020、2021年が中止になったので、2022年3月からの世界一周クルーズについて

世界一周クルーズしてれば今頃、日本に向けロング航海中。6月の出費で思うこと

世界一周クルーズに行けていれば、 一昨日あたり(時差とか日付変更線を越えるかとかの問題で昨日が正しいのかも)に最終寄港地であるホノルルを出航して、日本に向かっているところでした。

f:id:g-tomatoma:20200706124619j:plain

ホノルルを出ると8日間くらい終日航海日が続きます。
いくつか読ませて頂いたブログでは、仲間との最後の挨拶や、クルーズ集大成のイベントと忙しそう。

なにより大変そうなのが船を降りる準備!(部屋の片付け)

日航海日が続くので時間はたっぷりありそうですが、「終わりたくない!降りたくない」との思いで片付けは先延ばしになり、結局前日に慌ただしくなるのかなぁと妄想しています。
帰宅しても片付けと帰国の報告やお土産配りで大変そうです。
本当なら帰国して数日間のうちに運転免許証の更新を済ませなくてはいけなかったので、来年(無事出航すれば)になって良かっと少し思います。


さて、現実逃避している場合ではありません。
6月は収入が全く無いのに出費が多い月でした。
スマホ機種変のため購入(34,000円)
国民健康保険料(200,000円)
↑これが一番痛い(T^T)。来年は減る見込み
・交通費(18,000円)
↑通勤費なので後で帰ってくるけれども
・免許更新(3,000円)

4月、5月に国民年金保険料(2年分)と固定資産税(一部を私が負担)と市民税を立て続けに払っていたので、国民年金保険料はさすがにダメージが大きいです。
分割しても良いですが、どうせ今年払わないといけないし、引き落としの設定を変えるのは面倒です。

趣味で通っているカリグラフィの教室がコロナ禍でお休みになったのですが、レッスン料の支出が減って正直ホッとしました。

スマホはもう少し我慢しても良かったのですが、メモリが一杯でアプリをアップデートするには他のアプリを削除しないとダメな状況になっていたので、ネットでポチッとしてしまいました。

やはり想定内とは言え、出費が収入を越えると焦ります。
今後が心配になってしまいます。

「リッチ・ウーマン」(キム・キヨサキ著)を読み終えた直後という事もあり、もうちょっと預金から投資(株式)へお金を移してもいいかなという気がしました。

不動産投資はハードルが高く、手が出せません。

株式をもう少し買って、配当金で得られる利益を増やしたいと思いました。
コロナ禍で無配や減配になってしまった株はありますが、一時的なものだと思います。
足りない分は、キャピタルゲインで補いたい。
ずっと含み損になっている株を損切りして、配当利回りが良い株を買い直すのも手かと。
損切りは、もう少し値上がりするかもと思ってしまうので勇気が必要。
今はコロナ禍で値下がりしている部分もあるので、損切り銘柄選定中です。


リッチ・ウーマン、勉強になりました。
ちょっと古い本ですが、「金持ち父さん貧乏父さん」を書いたロバート・キヨサキの奥様が書いています。
勉強と行動する事が大事だなぁという気がします。まずは小額で。